2008年06月05日

太陽光補助金復活!?

みなさんこんにちは。今日は気になる記事を

目にしましたので紹介します。ずばり

住宅用太陽光発電システム補助金復活!?

です。真相は如何に?
それでは記事の内容を。

太陽光発電の普及促進へ=温暖化対策の「福田ビジョン」−政府

政府は5日、福田康夫首相が月内にまとめる地球温暖化対策の
「福田ビジョン」に、太陽光発電設備を住宅などに普及させる方策
を盛り込む方針を固めた。既に打ち切られている太陽光発電装置
住宅向け補助金を復活させるなど、財政面でのてこ入れ策
を検討する「低炭素社会」への移行に向け、化石燃料への依存を
脱却して温室効果ガス排出削減を目指す。

 住宅向けの太陽光発電をめぐっては、経済産業省が1994
年度から2005年度まで、補助金を通じて普及を後押しして
きた。太陽光発電設備を自宅に設置する人を対象に、当初は
90万円を限度に費用の2分の1を、最終年度は発電量1キロ
ワット当たり2万円を補助していた。
しかし、普及が進み、設置価格も従来より下がったとして、
補助金は打ち切られた。

2008年6月05日 [時事通信社]

これはすごい重みのある記事です!!今まで一度打ち切られた

補助金が復活するなんてことは夢のような話でしたから。

というのも国の『補助金』に対する定義は「黎明期に対して

国が援助するもの」なので導入が軌道に乗れば『役目』は

終了というのが定義なんです。(らしい)

住宅用太陽光発電システムの導入ピークは2005年の

72,825件/年

でそれからは減少傾向なんです。上の記事を見ても分かる通り

2005年が最後の補助金交付年度だったのです。・・・

つまり補助金があればあったで設置件数が右肩上がりだったの

が打ち切られたら右肩下がりなんです。

これが良いか悪いかは別として補助金が復活して太陽光発電

システムがまた普及・拡大することで地球温暖化防止・二酸化

炭素削減に貢献できればそれに越したことはないと思います。

洞爺湖サミットの波及効果さまさまです。(^_^) では。





posted by wata at 19:21| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太陽光発電システムを設置した区民が温室効果ガス削減に貢献した分の対価として、「グリーン電力証書」の買い取りを、今月から始めた。同区によると、同様の取り組みは佐賀県や愛知県、鹿児島市で行われていて、全国で4番目だという。太陽光発電は、太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電とも呼ばれる。再生可能エネルギーの一種であり、太陽エネルギー利用の一形態である。オール電化とともに太陽光発電を採用されるご家庭が増えています。太陽光発電の住まいは、CO2排出を減らすだけでなく光熱費の削減にも貢献してくれます。http://www.omakasetai.com
Posted by 太陽光発電 at 2008年10月16日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック