2011年02月17日

2011現場その4

みなさんこんにちは〜晴れ現場リポートです。

今日は『セキノ興産快横兼用キャッチ工法』という

金属屋根に穴を開けない工法での施工で〜す。


太陽光発電 トラブルを防ぐ3つの安心|セキノ興産

http://www.sekino-reform.jp/solar/

sKC3T0002.jpg

新築もしくは葺き替え専用金属横葺屋根『長尺横段』なるもの

で屋根が施工されています。まぁ、弊社の中では

『太陽光専用屋根材』

と言っても過言ではない商品です。(言い過ぎ?がく〜(落胆した顔)

誤解があるといけないので説明しておきますが、

屋根は普通の金属段葺屋根でその上に太陽光パネルを

設置するという所謂(いわゆる)屋根上設置型です。

屋根を葺きながら補強吊子なるものを挿入したりと

屋根工事中でないと出来ない太陽光設置のノウハウが

あったりします!!(見た目には分からないですが)

ただ屋根一体型ではないです・・でも屋根に穴を開けません!!

sKC3T0003.jpg

こんな感じで専用の取付金具でパネルを設置してます。

今回のパネルはシャープ製ですが、メーカー10年保証対象

工法です。
他に三菱製もメーカー10年保証対象工法となります。

今回の屋根勾配は5寸勾配なので結構あります。

sKC3T0004.jpg

今回は163Wのパネル縦置き3×9で27枚4.401kwシステムでした。

他にも色々と施工手順があるのですが、何せ作業に夢中になって

いると写真撮る枚数が少なくていけません。もうやだ〜(悲しい顔)

おかげさまで忙しくさせて頂いております。わーい(嬉しい顔)では手(パー)




posted by wata at 09:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。